ニキビに効く食べ物

大人のニキビは、肌が乾燥することにより皮脂の分泌量が増加することが原因だといわれています。

治し方の基本は洗顔と保湿よるスキンケアが大切なのですが、皮脂量そのものは食べ物の影響が大きいのだそうです。

脂っこい物を食べると皮脂の量も増加してしまうので、できるだけ控えるようにしましょう。

そして、ビタミンB2は脂質の代謝を助け、皮脂の量を調整する働きを持つので、積極的に摂るようにするといいですよね。

ビタミンB2を含む食べ物には、レバーやうなぎ、納豆、乳製品などがあります。

また肌の乾燥の原因は、ホルモンバランスの崩れによる影響が大きいといわれています。

ホルモンバランスの乱れには、大豆製品やビタミンB6、ビタミンEなどが女性ホルモンの低下を補ったり、分泌を促す効果があるといわれているので、積極的に摂るようにしたいですね。

ビタミンB6はかつおやまぐろなどの魚類、ビタミンEはナッツ類に多く含まれています。

ビタミン類は体内で保持、蓄積できないものが多く、毎日きちんと摂ることが大切です。

食生活が乱れがちなときには、サプリなんかで補うのもいいそうですよ。

 

 

© 2016 ニキビ 洗顔 rss