ニキビの場所別の原因

ニキビには年齢によって、できやすい場所や原因が違ってくるといわれています。

思春期には毛穴が未熟で、おでこや鼻など毛穴が多く皮脂の分泌量が盛んなところにできやすくなります。

ところが大人になると、あごや頬など比較的に皮脂の分泌量の少なかった場所にできることが多くなります。

これは大人になり、仕事のストレスや生理、妊娠など、ホルモンバランスが乱れることで男性ホルモン過多となり、肌の水分量が減少することで乾燥肌になってしまうことが原因だといわれています。

肌が乾燥すると、皮脂の分泌量が増えてしまい、古い角質で毛穴がつまりやすくなるのでニキビができやすくなってしまうのだそうです。

大人になって、皮脂の量が増加するようなことがあれば、乾燥肌なのかもしれません。

いつもより、しっかりと保湿をすることで予防するようにしましょう。

 

 

© 2016 ニキビ 洗顔 rss